ホームページ > 検査設備点検校正及び検査図面展示
検査設備点検校正及び検査図面展示
  弊社には十分な検査設備を揃えてあります、同時に検査チームも専攻です、検査の要求もとても厳しいです、完備な検査体制もあります、検査工具も定期に校正を行っております、毎年には弊社にある全ての三豊産顕微鏡、自動的なハイトゲージ、高度計、粗さ検査機、硬度検査機、大理石平面台、プラグゲ—ジ、ネジゲージなど普通用検査工具は必ず全部で定期に検査致して正確に校正致します:
会社測定機検査流れ及び検査員に要求:
弊社保有しておる検査工具は、毎3~12月位が校正が行っております。
検査員は毎日検査前、検査を点検を行い、記録書にサインします。
検査室の温度が恒温管理です、検査時には、温度が18-22度を設置いたしてあります。
部品は検査室に4時間位以上に置かなければなりません。
検査員も専門知識と実際仕事経験を持たなければなりません、検査員は毎年検査能力テストを参加します。テストの項目:検査原理、検査校正、検査操作、検査中級、検査高級などの評定です。検査員が定期に専門知識テストを参加し、勉強、先進的に検査方法を受けます、自分の検査能力を高めます。
検査前(部品清潔)、設備を清潔、点検行っております。
検査員は図面にあるご要求によって、OEM加工パーツを厳しく検査しなければなりません。
お客様から頂きました注文100%良品として出荷するために、 加工中検査、加工完了検査、検査員は最後検査、厳守しなければなりません。
検査と工程を結合します、毎工程中に、問題発生する可能性を避け、不良品を次工程流れを避け、不良品出荷厳重にコントロールします。会社のルール、お客様ご要求を除いて、部品全数寸法検査を行います。
一部分測定機の校正展示!!
三次元測定機の校正認証書。
高さゲージの校正認証書。
マイクロノギスの校正認証書。 
マイクロゲージの校正認証書。
栓ゲージの校正認証書。 
検査設備毎日点検表
製品の精度のため検査員は毎日仕事をする前に検測工具を点検を行います、問題ないなら点検表をサインして仕事を始まります、そして年に2回仕入先からも工具を校正もらえます、工具の原因で精度へ影響しないように注意しています。毎日点検流れは下記通りです。
三次元測定機毎日点検表 工具顕微鏡毎日点検表
硬さ測定機毎日点検表 表面粗さ測定機毎日点検表
検査図面案例

生産途中で該当生産社員は自分で生産した部品を検査を行います、問題ないなら生産図面の裏側の社内生産仕様書に該当工程に自分の名前と生産時間を記入します。部品が完成してから検査室へ入れます。検査員は図面の全て情報によって検査を行います、検査データは全部図面に記入しておきます、公差も一々確認必要になります。不合格な精密加工部品、精密旋盤加工部品、検査員は不良記録書の上に記入します、修理してから修理担当もサインして再度検品します、検査員は不良書類を参考して再度検査を行います、検査データは不良書類にも記入しておきます、検査後図面は下記通りです。

検査後図面

生産流れ確認

不良品書類

検査後図面

生産流れ確認

不良品書類








私たちに書いてください
求める品の情報をご連絡ください
*Email
電話
*題名
*内容

利用規則を同意する。

モバイルウェブ
お問い合わせ

申し込む:

最新カタログ、新デザイン、プロモーションにサインアップ

連絡係
伝言を残します:
すぐ連絡
詳細な住所:
中国遼寧省大連市大連開発区天華路15-2