ホームページ > 検査現場
検査現場
検査室一覧
表面処理の半製品加工部品、加工中の検査と完成品検査室で検査を行います。 検査前の準備:1検査前図面のインフォメーションを確認します。 2検査前、検査工具の校正。3検査前、部品の表面を清潔します。検査場合、図面ご指示通り、全数を検査行います。合格品は次の工程を流れます、不合格品は不良資料書き、社内修理あるいは再製作します
三次元検査室
三次元検査室内には三次元検査機、工具顕微鏡などの検査設備があり、室内の温度は他の箇所よりもっと厳格に管理されています。
検査前部品の温度は22-24度になってから検査を行います。検査員は教育を受け、テストが合格できてから三次元検査機を操作できるしかないです。
自動三次元測量機の使用に関して、
形状が複雑で、体積が割合に大きくて、公差が厳しい部品は三次元で測量が必要であります、 ミツトヨ産7610型の三次元が外形700*1000*600以下の部品が検査できます、 理論として、検測の精度が0.001mmまでできます。
ご添付いたす写真が検測員は三次元をご使用いたして部品を検査いたすことです。
工具顕微鏡の使用
割合に小さい部品が通常として、2D平面の上で寸法を測量となります。例えば:Φ1左右の穴径とピッチ、测定器で接触にくい所と測量にくい時には、工具顕微鏡を使用して部品の局部を拡大して正確に測量できます。
携帯に便利である三坐標測量機の使用
携帯に便利である三坐標測量機の使用 移動が便利ではない部品、或いは設備で加工して繰り返しにチャック できない部品に適用します。 このような状況があった時には、測量腕を移動して使用します、 堅固である平面に固定して正しく校正してOKです。 功能が三坐標検査器に似てあります。 でも、更に敏捷です。
高精度自動的な高さ検査機の使用
途中検査と最終検査にはよく使っている検査工具で、非常に便利です。大理石の工作台を基準として、部品の高さ、外形寸法、面々間の寸法、円心から面までの寸法などの検査に使用します。精度は0.005-0.01mmぐらいです。
普通の測定器使用
仕事中最普通の検査方法です。測定器がマイクロメーター、シリンダーゲージ、デジノギス、深度スケール、通止ゲジ、シックネスゲージ、ブロックゲージなどです。検査人は検が必要である部品を取って図面にあるご要求によって、全部で検査します、検査がOKになったら、自分のお名前をサインとなります。検査人がごサインいたした図面は部品と一緒にお客様までお送りいたします。こうすれば、検査管理が遡れます。
洛氏硬度検査器
お客様のご要望によって、熱処理が必要である部品を熱処理外注会社に頼んで熱処理を行っています、熱処理後で検査室で硬度を検査いたします、硬度がOKになったら、次の加工を行っています。
ご添付いたす写真が検査人は硬度を検査いたすことです
私たちに書いてください
求める品の情報をご連絡ください
*Email
電話
*題名
*内容

利用規則を同意する。

モバイルウェブ
お問い合わせ

申し込む:

最新カタログ、新デザイン、プロモーションにサインアップ

連絡係
伝言を残します:
すぐ連絡
詳細な住所:
中国遼寧省大連市大連開発区天華路15-2