溶接部品
溶接材料: 材料分類 具体ナンバー
炭素鋼  S25C,S35C,S45C s50c s55c鉄SS400
ステンレス SUS201 304,316,303,及SUS440Cなど
アルミ合金  5052,5056,6061,6063,6082,7075,7071,2017,2014など
銅及び銅合金 T1,T2,H59,H62 C3604,BC6,CUなど
金型用鋼 SKD11,SKD61,SKS,SCMなど
溶接設備: 設備分類 具体使用範囲
アルゴンアーク溶接機 大きなパーツから小さなパーツまでよく使用されています。板金機箱、薄い板類溶接に対して、変形量が小さくて、きれいに溶接できます。
シーオーツー溶接机 大きなパーツから小さなパーツまでよく使用され、溶接の効率は大幅にUPできます。
冷间溶接機 小さな精密パーツの公差修正に使用します。
レーザー溶接機 小さなパーツの精密溶接に使用します。
突合せ溶接機 板金機箱、薄い板類パーツのスポット溶接のロット加工が対応できます。
溶接検査: 溶接肉盛りNG場合の説明
偽溶接 溶接母材未溶融、母材未接続、溶接肉が中断などの溶接不具合(溶接肉の長さが要求に満たせられない)。
空気穴 空気穴とは溶接肉表面にできた小さな貫通穴
割れ紋 溶接肉にできた割れ現象
異物 溶接肉に混入した異物
辺を噛む 不適当な溶接より、母材と溶接肉が接続部分に溝や凹みができた現象。
焼き通し 母材が熱により焼き通した現象。
ビード飛び   溶接の際飛び出したビードがワークの他の部分の付ける現象。
肉盛りが高すぎ 肉盛りが大きすぎ  H値が3mm超えないこと。
位置ずれ   溶接位置ずれ
合わせ不良   母材合わせの隙間が多き過ぎ
工程要素:
1.溶接材料は設計要求と関連基準の規定に合致し、品質証明書及びその他の資料を検査する。
2.溶接工は認定試験に合格しなければなりません、適応する溶接条件と受験日を検査するものとする。
3.ⅠⅡ級のビードに対して探傷検査を実施し、設計要求と施工及び検収の規定に合致して、溶接検査報告書を検証する。
4.全体的な溶接外観と构造が均一で、ビードと溶接は全体的に滑らかにするものとする、はんだスラグとスプラッシュはきれいに掃除する。
5.ⅠⅡ級のビードは、完全に溶接されていない、アンダーカット、収縮しない、そのような不良存在してはなりません、表面に空気孔、ひび割れ、アーク傷などがない。
6.高强度部品は図面の規定に従って、引張试験検査、圧力试験検査、疲労试験検査、関连要求に合致し、検査报告を発行するものとする。

溶接部品

447個の商品が見つかりました
視点: リストショーケース
私たちに書いてください
求める品の情報をご連絡ください
*Email
電話
*題名
*内容

利用規則を同意する。

モバイルウェブ
お問い合わせ

大連鴻昇は、高品質、プロフェッショナルな機械加工サービスをお客様に提供しています。気軽にお問い合わせください。

連絡係
伝言を残します:
すぐ連絡
詳細な住所:
中国遼寧省大連市大連開発区天華路15-2